クレーン車

価値ある太陽光発電

壊す

現在、私たちが使用しているエネルギーは石油、石炭、天然ガスと言った地下資源がメインです。しかし、これらの資源はいずれ尽きてしてまうものなので、枯渇エネルギーと呼ばれています。 そこで、地下資源に変わるエネルギーが必要であり、尚且つ尽きてしまう心配がない非枯渇エネルギーが求められています。そこで目をつけられたのが太陽光です。 非枯渇エネルギーと言いながらも太陽ももちろん永遠ではなく寿命は約50億年とされていますが、まだまだ猶予はあるため、現在は地下資源の変わりに太陽の光をメインのエネルギー源としていくことが考えられています。 太陽光エネルギーは太陽光発電と呼ばれ、専用のシステムを設置すれば一般住宅でも発電することが可能です。

太陽光発電を一番必要としているのは日本なのかもしれません。日本には資源がなく、エネルギーは殆ど他国の輸入から賄っている状態です。にも拘らず、現在の日本ではこうした資源の恩恵を受けないと満足な生活も送れないほど発展してしまいました。 また、2011年の東北大震災の影響から電力供給の在り方も見直され、そこで益々太陽光発電が注目されています。 ただ、ネックなのは費用でしょう。 太陽光発電は初期の頃に比べるとかなり費用は下がっていますが、それでも100万円前後の導入費用がかかります。そこで売電などの制度を取り入れてコスト回収をする取り組みがあるものの、売電制度も今後はどうなるのか分かりません。 現在、太陽光発電導入に関して一番の問題は、設置費用とコスト回収となってしまっています。