クレーン車

必要な費用

壊す

太陽光発電システムの施工の費用というのは、どんどん下がっています。工事費自体は大差ないのですが、太陽光発電システム自体の価格が下がっているのです。最近では中国のようなところでも作られるようになったので、安いものが増えています。 但し、やはり発電効率的としては太陽光発電システムは日本製にしたほうがよいです。いざと言うときの部品の互換性などの問題もあります。 施工自体はそんなに難しいことではなく、簡単にできます。重要なのは、どこに施工するのか、ということです。 太陽光発電は設置する場所が命ですから、施工の位置をかなり吟味することになります。システムは安くなっているのですが、その検討のためにさすがに時間がかかります。

太陽光発電に必要な太陽電池モジュールとは、いわば、太陽光エネルギーを吸収して直流の電気に換えるエネルギーの変換器を施工することです。そして、そこで生まれた直流の電気を、通常の家庭などで使えるようなものにするためには、パワーコンディショナーと呼ばれる変換装置を施工することによって、電力会社が供給する電気と同じ交流の電気に再度変換することが必要になります。 つまり、太陽光発電システムとは、2つのエネルギー変換器を施工することになります。 太陽光発電の施工は、現在では、シリコン結晶系太陽電池モジュールが主流となっていますが、より高性能で低コストなものを目指して、様々な種類の太陽光発電システムの研究開発が行われています。