クレーン車

投資企業の現状

壊す

地球温暖化の進行を防止するためには化石燃料から再生可能エネルギーに変換する必要があります。東日本大震災によって化石燃料を使用しない原子力発電が今後新設することが難しくなっています。再生可能エネルギーを推進するために電力会社の買取制度が新設されています。当初太陽光発電はKWあたり42円で設定され、多くの事業者が太陽光発電の市場に参入しました。しかしながら土地の手当てや送電線の敷設がネックとなって必ずしも計画通りに進んでいない業者も少なくありません。太陽光発電用の太陽光パネルは技術革新の結果で当初より大幅に価格が下がってきています。こうした背景もあり、太陽光発電の買取価格は毎年引き下げられています。

買取価格が決定した時に投資を決めていた企業は、予定通り太陽光発電を始めたところは順調に投資金額の回収段階に入っていますが、計画を提出して投資を認められて企業でも土地の手当てや送電線からの距離の関係で計画が遅れてしまった企業では現在の買取金額では投資回収が難しくなっているのが現状です。既に計画を撤回する企業も出て来ています。地球温暖化の問題は深刻で排出量を削減することは日本にとっても国際的な責任を果たす意味でも重要です。再生可能エネルギーへの転換のためにはこの分野に参入する紀要が増えることが必要です。太陽光発電に限らず、風力や水力、バイオマスや地熱など再生可能エネルギーは多いのですが、投資採算に乗せるのは簡単ではありません。政策的な恩典の付与が必要です。